ラオでーす

2012年6月23日のサイケトロニカ・フレンチモードからの流れ
過去フランス領であったラオスの世界遺産都市ルアンパバーン
友人がゲストハウスを始めたので、ヒーリング営業下見がてら行って来ました

航空券は、早稲田の旅行会社ピース・イン・ツアーで6万円くらいで購入
今回は初めて海外でiPhoneを使用
カメラとWi-Fiとメモだけなので、設定→一般→ネットワークから
3Gオフ、モバイルデータ通信オフ、データローミングオフ
ちなみにゲストハウスでは日本の電源プラグもアダプタなしで使えるとのことでした

恒例成田空港
ベトナム航空のカウンターで、リコンファームの必要なしと言われてひと安心
展望台でLAWSONナポリタンを食べながら、出発を待つ

まずはハノイでトランジット
日本から6時間でノイバイ空港に到着
赤い看板のアライバルビザカウンターの脇をそのまま通り抜けると
右手に青いベトナム航空のカウンター
Eチケットのみの人はここで搭乗券を受け取り、エスカレーターで出国ロビーへ

この出発ロビーに入るのもわかりにくい
挨拶しても無言で指差す高飛車お姉さん
こいつは英語もしゃべれないのかよとブロークン英語で悪態をつくお姉さん
係員の厳しい対応にがっくし

そして5時間近く空港内で待ち、ラオス行きの便に乗る
ルアンパバーンまで1時間15分と、東京~札幌間と同じ

楽園につきました
友人夫妻が空港まで迎えに来てくれて感動

サバーイディー(こんにちは)

有名なナイトマーケットを通り
人々の優しい波動に打ちのめされる
こんな人たちがまだ地球上に存在していたのか!
ハノイ経由でよかったねー
ビア・ラーオで乾杯
瓶は氷を入れてジョッキで、缶はそのままググッと飲むのがラオスタイル
タヒチ以来のヤモリの鳴き声に、島にいる感覚がよみがえる
島じゃないけど島みたい

一夜明け
だれもバイクや車のクラクションを鳴らさない(本当)ピースフルで静かな街
まったくガツガツしていない
「あわよくば」のない世界にいらっしゃ~い

ここでの通貨はキップ
10000キップが100円くらいです
ドルも使えますが端数が切り落とされてしまうので
買い物をする人は銀行で円→キップに両替したほうがよいです
銀行のお姉さんに微笑みにもKOされます

トゥクトゥク(町中の三輪車タクシー、遠出は四輪)で
ガイドブックに載っていないカッチャンの滝(Kacham waterfall)へ行く
滝~
現地の人たちのリゾートといった感じ
すみにあるスピーカーシステムがでかい
ここで友人に聞いた話では
「徳の高い人が大きいスピーカーで音楽を鳴らして人に聞かせて上げる」
のがルアンパバーンのステイタスのようなのだ
うん、ここでパーティやろう
ヤマタイカ・イン・ラオス!

途中けっこう道がデコボコなので、休み休みのんびり行く
市場のおばちゃんパワーは以前行ったベトナムのそれをもっとゆるくした感じ
人々の優雅な生活市場にまたしてもほっこり

ルアンパバーンは、欧米では行ってみたい観光地のNO1だそうで
中心街の観光スポットでは、肌を露出した白人さんでいっぱい
(タトゥ率高し、オラオラ系ではなく癒しを求めて来ました的な感じ)
橋を渡った現地生活ゾーンとの差がおもしろい

友人の家にお世話になった翌日の朝
その生活ゾーンで食べたココナッツミルク風味のカオ・プンというヌードルが
一番美味かった(何でも美味しいのだが、その中でも特に)

崇拝するダラダラ教の聖地への巡礼
忘れていたやさしさを教わった
ここに一生住みたいかどうかは神のみぞ知るだが
こういう感覚を知っているのといないのとでは人間の幅が違ってくると思った
少なくとも
自分と考えの違う人間を無責任に平気で攻撃するようなことはしない
スイカ寺の仏像の手の向きがそれを物語っていた

ただ、医療費が高額なことと、難度の高い手術は設備がないので
医療体制だけが進むと、ますます住みやすい土地にはなるのだろう

来る前から「昔の日本みたい」とかいろいろ情報はあったが
やはりこの感じは実際に来た人間でしかわからない
次はみんなで行こうね!

コープチャイ(ありがとう)
そしてお腹急降下
氷なのか?アヒルの唐揚げなのか?

今回お世話になったゲストハウスは最高にオススメです(1泊1000~3000円)
Villa SAYADA
Address : Ban Aphai,Phommathat Rd,Luangprabang,Laos
Phone&Fax :+856 71 254-872
Email : Chitlatda2@yahoo.co.jp

ルアンパバーンから一路ハノイかと思えば、スコールで天候不順のため
ヴィン空港へ行ってからノイバイ空港へ
到着遅れのためディナーチケットもついて、帰りはハノイも悪くなかったなー
腹痛の中ナポリタンをちびりちびり。。。。

教訓
アジアの旅は
浄化の塩と整腸剤は忘れずに

完!

メコン川動画
http://www.youtube.com/watch?v=8ZIAGxLFVIw&feature=context-cha

カッチャンの滝動画
http://www.youtube.com/watch?v=m1jHkRi8tlI&feature=plcp

Share this: Twitter | Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*