ブック・オン

本とは

それを
自分が読み解くものではなく
自分が共鳴するものでもなく

著者が
ただひたすら理解を待っていたもの
だった。

Share this: Twitter | Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*